イギリス発音とアメリカ発音2

07アメリカ発音でもいろいろな発音がありますが、今では南部の方以外は、そんなに変わらず、CNN などで聞かれるGeneral Americanと言われる発音が一般的とされています。

一方、イギリスはBBCで聞かれる発音は一般ではあまり使わていないらしく、Estuary Englishという発音が一般的だということです。

もっともっといろんな国の英語発音はありますが、どちらかに近かったり、その国だけの音であったりするので、大きく分けてイギリス英語とアメリカ英語に分けて考えてみたいと思います。
続きを読む

イギリス発音とアメリカ発音1

IMG_1231これはアメリカ発音? それともイギリス発音?
すぐにわかる人は、かなり英語の発音に詳しい人です。

通じればいいので、そんなに何処の発音とこだわることはないのですが、ちょっときっかけがあり、必要な人もいるということで勉強しています。

続きを読む

before & after 3

Kawane_mosaic

シャドーイングと呼ばれる方法を聞いたことはあるでしょうか。
音を聴いたらすぐに同じ音を出していく方法です。
意味がわからなくてもできることもあり、何回も繰り返さないと意味がわからないまま練習が続くこともあるので、英語を話す能力の上達は期待できません。

しかし、
続きを読む

before & after 2

slider_011レッスンでも変われるのでしょうか?

なんでもそんな魔法のようなものはないのですが、それでも何か学べないかと期待しますね。

音素が出来ている人でしたら1レッスンでかなり出来ます。
続きを読む

小、中学生への発音アプローチ

英語は5つの口で発音できる!CEPIOは中学生以上を対象と言いながらも実際生徒さんは大学生以上です。
それが、今年に入ってから、小、中学生や高校生の生徒さんが入ってくるようになりました。

皆さん、音に敏感ですぐに習得していきます。学校の勉強とは違う音楽のようなレッスンですので、勉強という感覚はないようです。

誰かが結果を出すと世の中の人が一斉に動きだす日本ですが、英語の発音は今している人がその先頭に立つのではないかと思っています。

英語の勉強は中学生からでも遅くないと思います。しかし 続きを読む

発音はいいけど日本語っぽい

d_img02発音はいいので、充分通じるのだけれど、もう少しNativeのように話したいと思うことはありませんか。または、あの人は英語が堪能で流暢に話すけれど、日本人ってすぐにわかるよね。っていうこともあります。

「通じればいい!」
それでいいと思いますが、「Nativeみたい!」に憧れる人へ練習方法をご紹介しましょう。
続きを読む

clothes,monthsの発音の確認をしましょう。

DSCF6572clothes(服)とcloth(布)の発音は母音が違っています。
【kloʊð】二重母音で、【klaθ】縦の口
これは知っている人でも、
clothesの発音を間違っている人は多いようです。
クロウズズとかクロウジーズみたいな感じでしょうか。

これは【kloʊz】クロウとなりtheszだけになります!
そうです、close(閉める)と同じ発音になります。
続きを読む

30分で効果を出すレッスン

0330分で結果を出すのではなく、効果を出すのならできます。
ついでにやる気がもれなく付いてきます!

CEPIOのレッスンは母音から始めて音素を一つずつ出せるようにしていきます。そして子音は一時間で全ての位置関係を確認し、その後センテンスを使って母音の復習と子音の使いこなし方をトレーニングします。
10年以上やっていて、これに関しては間違いはないと確信はあるのですが、世のなかいろんな方がいらして、そこまでできないけど、発音をなんとかしたい人も多いはず。

そんな人にも必見の速攻トレーニングがあります。 続きを読む

英語は低い音で練習したほうがいいの?

13英語は曖昧母音の言われる音をはじめとして、比較的低めの音が多く、音が整うと男性の方が上手くなることが多いです。
若い(?!)女性は口が柔軟に動き、すぐに口の形や舌の位置が出来る場合は多いのですが、音が整ってもなんか日本人っぽいということがあります。

それが、音の高さだったり深みだったりします。
しかし、もちろんアメリカ人でも声の高い人はいるので、どんな感じなのかを聴いてもらおうと思って、私の秘蔵(?)の音声資料から見つけ出してきました。是非聴いてみて下さい。 続きを読む

自宅で練習するために

レッスンでは指導者の口を見ながら自分でも鏡を見てわかるのだけれど、家に帰ると写真のお手本だけではわからないという意見を聞くことから、作ってもらったのが前にご紹介した口の形の動画なのです。

これも川根さんの作品で、8年くらい前にフランスで賞を取られた素晴らしい技術(ソフト)を使って作成して下さいました。 続きを読む