心に響くセンテンスの書き方

FB_IMG_1530859393977見ただけで読む気もしない文ってありませんか?
読んでいるうちに眠たくなるような文章。
あるある。
みんなに読んでもらえるようなセンテンスの書き方のヒントをアメリカ人の友人が教えてくれましたので、ここでシェアさせていただきます。

日本語にも使えるヒント!

5つの単語だけで出来上がった文章は、こんなきっちりとしたいい文章になります!?
きっと日本人で英語の勉強をして文章を書き出すとこういう整った文章を書く人が多いのではないでしょうか。
間違ってないけど、面白くない。

色のついた文章を声に出して読んで見てください。

黄色は、1、2の単語。
ピンクは、多くても5文字。
緑色は、 10単語くらいで、青色は長いセンテンス。

この変化が頭に変化をもたらして響くと思いませんか!

http://www.garyprovost.com/ (参考)

日本でも五七五など変化や、韻を踏む 美しさがあり海外でも有名です。
私はブログを書くときやメールでも気をつけてることはシンプルということですが、この変化ということは新しいヒントだと感じます。

話すときにも応用できますね。
コミュニケーションが上手な人は言葉にリズムがあります。

皆さんも試して見てはいかがでしょうか。